きさま!見ているなッ!!

CentOSにOracle Database 12c R2 Enterprise Editionをインストールする

  • 2019-07-28
  • 2019-08-15
  • Oracle

RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)といえば、Oracleをイメージする人は多いのではないでしょうか。実際、データベース市場のシェア率も常にトップクラスです。

今回は、Oracle公式サイトのインストールマニュアルを参考に「Oracle Database 12c R2 Enterprise Edition」をインストールする手順をご紹介します。

参考サイト説明
Databaseインストレーション・ガイドfor LinuxLinux向けの単一インスタンスのOracle Databaseインストールガイド
Oracle VM VirtualBox を用いた Oracle Database 12c Release 1 環境の構築VirtualBoxでの環境構築資料(※12c R1用)

インストールするOracleソフトウェアが手元にない方は、こちらの記事でOTNライセンスを使用した無償ダウンロードの手順をご紹介していますので、ご覧ください。

環境

今回構築する環境情報です。

名称バージョン情報説明
OSCentOS 7.6VirtualBoxの仮想マシン
データベースOracle Database 12c R2 Enterprise Edition今回インストールするデータベース

構築するデータベースについての情報です。

データベースタイプ単一インスタンス
マルチテナント・コンテナ・データベース使用する
プラガブル・データベース使用する
データベース記憶域ローカル・ストレージ
高速リカバリ領域ローカル・ストレージ

CentOSの環境がない方は、こちらの記事をどうぞ。

※今回は、パーティション構成を下記の通りに手動で設定しています。

マウントポイントデバイスタイプファイルシステム割り当て容量
/標準パーティションxfs70GB
swap標準パーティション swap8GB
/home標準パーティション xfs22GB

インストール準備

OracleDatabaseを正常にインストールするために各構成のチェックと必要な設定をしていきます。LinuxディストリビューションがOracle LinuxまたはRed Hat Enterprise Linuxの場合、「Oracle Preinstallation RPM」を使用して必要な設定を簡略化できますが、今回は、CentOSにインストールするので、使用していません。

一度は全部手動で設定してみるのもいいと思いますので、インストール準備していきましょう。ちなみに、「Oracle Preinstallation RPM」を使用すると下記が実施されます。

・Oracle Grid InfrastructureおよびOracle Databaseのインストールに必要な追加のRPMパッケージが自動的にダウンロードおよびインストールされ、依存性が解決されます。
・oracleユーザーが作成され、そのユーザーのoraInventory(oinstall)およびOSDBA(dba)グループが作成されます。
・必要に応じて、sysctl.confの設定、システム起動パラメータおよびドライバ・パラメータの値が、Oracle RDBMS Pre-Installプログラムの推奨値に基づいて設定されます。
・ハードリソース制限およびソフトリソース制限を設定します。
・カーネル・バージョンに応じて、他の推奨パラメータを設定します。

インストレーション・ガイドfor Linux:Oracle Preinstallation RPMについて

Oracleユーザー構成

インストール準備は、rootユーザーで実施します。Oracleユーザーがデータベースのインストール要件を満たすように設定します。

OSグループ、OSユーザー、ディレクトリの作成

# groupadd -g 54321 oinstall
# groupadd -g 54322 dba
# groupadd -g 54323 oper
# groupadd -g 54324 backupdba
# groupadd -g 54325 dgdba
# groupadd -g 54326 kmdba
# groupadd -g 54330 racdba

必要なOSグループを作成します。

# usermod -g oinstall -G dba,backupdba,dgdba,kmdba,racdba,oper oracle

oracleユーザーにOSグループを設定します。

# useradd -u 1000 -g oinstall -G dba,asmdba,backupdba,dgdba,kmdba,racdba,oper oracle

oracleユーザーが作成されていない場合は、上記でユーザー作成とOSグループの設定ができます。

# id oracle
uid=1000(oracle) gid=54321(oinstall) groups=54321(oinstall),54322(dba),54323(oper),54324(backupdba),54325(dgdba),54326(kmdba),54330(racdba)
# 

oracleユーザーの設定を確認します。

# mkdir -p /u01/app/oracle
# mkdir /u01/app/oraInventory
# chown -R oracle:oinstall /u01/app/oracle
# chown -R oracle:oinstall /u01/app/oraInventory
# chmod -R 775 /u01

必要なディレクトリを作成します。

# vi /home/oracle/.bash_profile

~下記を追記~
umask 022
export ORACLE_HOSTNAME=testdb.oracle12c.jp
export ORACLE_BASE=/u01/app/oracle

oracleユーザーの.bash_profileの設定もしておきます。

OSユーザーのリソース制限

# vi /etc/security/limits.conf

~下記を追記~
oracle soft nproc 2047
oracle hard nproc 16384
oracle soft nofile 1024
oracle hard nofile 65536
oracle soft stack 10240
oracle hard stack 32768

oracleユーザーのリソース制限を設定します。

# vi /etc/pam.d/login

~下記を追記~
session required pam_limits.so

ログインしたときにリソース制限が有効になるように、PAM認証の設定ファイルも修正します。

サーバー構成

ハードウェア、メモリ、ストレージが要件を満たしているか確認します。

ハードウェア要件

# uname -m
x86_64
# 

プロセッサ・アーキテクチャを確認します。「要件:今回は、64bit版をインストールするので、x86_64」

# runlevel
N 5
# 

実行レベルを確認します。「要件:3または、5」

# xrandr
Screen 0: minimum 1 x 1, current 1537 x 894, maximum 8192 x 8192
Virtual1 connected primary 1537x894+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
   1537x894      60.00*+
   2560x1600     59.99  

~中略~
#

ディスプレイ解像度を確認します。「要件:1024 x 768 以上」

メモリ要件

# grep MemTotal /proc/meminfo
MemTotal:        8173792 kB
# 

物理RAMサイズを確認します。「要件:1GB以上、2GB推奨」

# grep SwapTotal /proc/meminfo
SwapTotal:       7812092 kB
# 

スワップ領域を確認します。「要件:RAMサイズと同等」

# free -m
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:           7982         768        6507          12         706        6907
Swap:          7628           0        7628
# 

freeコマンドでメモリの空き容量を確認します。

ストレージ要件

# df -hT /tmp
ファイルシス   タイプ サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/sda1      xfs       66G  4.3G   61G    7% /
# 

一時領域を確認します。「要件:1GB以上」

# df -hT /dev/shm
ファイルシス   タイプ サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
tmpfs          tmpfs    3.9G     0  3.9G    0% /dev/shm
# 

共有メモリーを確認します。データベースで自動メモリ管理する場合の上限値になります。

# df -hT
ファイルシス   タイプ   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/sda1      xfs         66G  4.3G   61G    7% /
devtmpfs       devtmpfs   3.9G     0  3.9G    0% /dev
tmpfs          tmpfs      3.9G     0  3.9G    0% /dev/shm
tmpfs          tmpfs      3.9G  9.5M  3.9G    1% /run
tmpfs          tmpfs      3.9G     0  3.9G    0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda3      xfs         28G   39M   28G    1% /home
tmpfs          tmpfs      799M  4.0K  799M    1% /run/user/42
tmpfs          tmpfs      799M   24K  799M    1% /run/user/1000
# 

ストレージの空き容量を確認します。「要件:Oracle Database Enterprise Editionには、7.5 GB以上が必要です」

# lsblk
NAME   MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda      8:0    0  100G  0 disk 
├─sda1   8:1    0 65.2G  0 part /
├─sda2   8:2    0  7.5G  0 part [SWAP]
└─sda3   8:3    0 27.4G  0 part /home
sr0     11:0    1 1024M  0 rom  
sr1     11:1    1 1024M  0 rom  
# 

ブロックデバイスの構成を確認します。CentOSをインストールする際に設定した構成になっていますね。

OS構成

今回は、CentOS 7.6 にインストールするので、Red Hat Enterprise Linux 7 の要件を参考に確認していきます。

SSH要件

# yum list installed | grep ssh
libssh2.x86_64                          1.4.3-12.el7_6.2               @updates 
openssh.x86_64                          7.4p1-16.el7                   @anaconda
openssh-clients.x86_64                  7.4p1-16.el7                   @anaconda
openssh-server.x86_64                   7.4p1-16.el7                   @anaconda
# 

OpenSSHがインストールされているか確認します。

# yum -y install openssh-server

インストールされていない場合は、上記でインストールします。

Linuxディストリビューション要件

# uname -a
Linux testdb.oracle12c.jp 3.10.0-957.21.3.el7.x86_64 #1 SMP Tue Jun 18 16:35:19 UTC 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
# 

ディストリビューションを確認します。「要件:3.10.0-123.el7.x86_64以上 」

パッケージ要件

必要なパッケージは、公式サイトを参照してください。

yum list installed | grep -i bc.x86_64
yum list installed | grep -i binutils.x86_64
yum list installed | grep -i compat-libcap1.x86_64
yum list installed | grep -i compat-libstdc++-33.i686
yum list installed | grep -i compat-libstdc++-33.x86_64
yum list installed | grep -i glibc.x86_64
yum list installed | grep -i glibc-devel.x86_64
yum list installed | grep -i glibc.i686
yum list installed | grep -i glibc-devel.i686
yum list installed | grep -i ksh.x86_64
yum list installed | grep -i libaio.x86_64
yum list installed | grep -i libaio.i686
yum list installed | grep -i libaio-devel.i686
yum list installed | grep -i libaio-devel.x86_64
yum list installed | grep -i libgcc.x86_64
yum list installed | grep -i libgcc.i686
yum list installed | grep -i libstdc++.x86_64
yum list installed | grep -i libstdc++-devel.x86_64
yum list installed | grep -i libstdc++.i686
yum list installed | grep -i libstdc++-devel.i686
yum list installed | grep -i libxcb.x86_64
yum list installed | grep -i libxcb.i686
yum list installed | grep -i libX11.x86_64
yum list installed | grep -i libX11.i686
yum list installed | grep -i libXau.x86_64
yum list installed | grep -i libXau.i686
yum list installed | grep -i libXi.x86_64
yum list installed | grep -i libXi.i686
yum list installed | grep -i libXtst.x86_64
yum list installed | grep -i libXtst.i686
yum list installed | grep -i libXrender.x86_64
yum list installed | grep -i libXrender.i686
yum list installed | grep -i libXrender-devel.i686
yum list installed | grep -i libXrender-devel.x86_64
yum list installed | grep -i make.x86_64
yum list installed | grep -i net-tools.x86_64
yum list installed | grep -i nfs-utils.x86_64
yum list installed | grep -i smartmontools.x86_64
yum list installed | grep -i sysstat.x86_64

上記のコマンドで、インストールされているか確認します。

# yum -y install bc.x86_64 binutils.x86_64 compat-libcap1.x86_64 compat-libstdc++-33.i686 \
compat-libstdc++-33.x86_64 glibc.x86_64 glibc-devel.x86_64 glibc.i686 glibc-devel.i686 ksh.x86_64 libaio.x86_64 \
libaio.i686 libaio-devel.i686 libaio-devel.x86_64 libgcc.x86_64 libgcc.i686 libstdc++.x86_64 libstdc++-devel.x86_64 \
libstdc++.i686 libstdc++-devel.i686 libxcb.x86_64 libxcb.i686 libX11.x86_64 libX11.i686 libXau.x86_64 libXau.i686 \
libXi.x86_64 libXi.i686 libXtst.x86_64 libXtst.i686 libXrender.x86_64 libXrender.i686 libXrender-devel.i686 libXrender-devel.x86_64 \
make.x86_64 net-tools.x86_64 nfs-utils.x86_64 smartmontools.x86_64 sysstat.x86_64

必要なパッケージをまとめてインストールしています。インストール済みのパッケージは、除外されます。

カーネル・パラメータ要件

カーネル・パラメータの最小設定は、公式サイトを参照してください。

# vi /etc/sysctl.d/97-oracle-database-sysctl.conf

~下記を記載~
fs.aio-max-nr = 1048576
fs.file-max = 6815744
kernel.shmall = 858993
kernel.shmmax = 4294967295
kernel.shmmni = 4096
kernel.sem = 250 32000 100 128
net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
net.core.rmem_default = 262144
net.core.rmem_max = 4194304
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 1048576

今回は、マニュアルに沿って設定ファイルを作成し、最小設定にしています。自動共有メモリ管理のサイズを調整したい場合は、shmmaxを調整してください。

# sysctl --system

変更した値を反映させます。

sysctl -a | grep sem
sysctl -a | grep shm
sysctl -a | grep file-max
sysctl -a | grep ip_local_port_range
sysctl -a | grep rmem_default
sysctl -a | grep rmem_max
sysctl -a | grep wmem_default
sysctl -a | grep wmem_max
sysctl -a | grep aio-max-nr
sysctl -a | grep panic_on_oops

上記のコマンドで変更内容を確認します。

ネットワーク構成

デバイス名メソッドアドレスネットマスクゲートウェイ自動接続用途
enp0s8手動192.168.56.101255.255.255.0192.168.56.254オンゲストOSとホストOSの通信用
enp0s3自動—-—-—-オンゲストOSのインターネット接続用

上記のようにネットワークを構成します。enp0s3は、特に変更する必要はないと思いますので、enp0s8を設定していきます。

# nmcli c modify enp0s8 ipv4.method manual ipv4.addresses 192.168.56.101/24 ipv4.gateway 192.168.56.254 connection.autoconnect yes

nmcliコマンドで設定を変更します。

# nmcli d show enp0s8
GENERAL.DEVICE:                         enp0s8
GENERAL.TYPE:                           ethernet
GENERAL.HWADDR:                         08:00:27:D7:29:9A
GENERAL.MTU:                            1500
GENERAL.STATE:                          100 (接続済み)
GENERAL.CONNECTION:                     enp0s8
GENERAL.CON-PATH:                       /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/4
WIRED-PROPERTIES.CARRIER:               オン
IP4.ADDRESS[1]:                         192.168.56.101/24
IP4.GATEWAY:                            192.168.56.254
IP4.ROUTE[1]:                           dst = 192.168.56.0/24, nh = 0.0.0.0, mt = 101
IP4.ROUTE[2]:                           dst = 0.0.0.0/0, nh = 192.168.56.254, mt = 101
IP6.ADDRESS[1]:                         fe80::b1f6:8604:c10d:cc25/64
IP6.GATEWAY:                            --
IP6.ROUTE[1]:                           dst = fe80::/64, nh = ::, mt = 101
IP6.ROUTE[2]:                           dst = ff00::/8, nh = ::, mt = 256, table=255
# 

設定内容を確認します。

# vi /etc/hosts

~下記を追記~
192.168.56.101 testdb.oracle12c.jp testdb

hostsファイルも変更しておきましょう。

Oracle Databaseをインストールする

それでは、準備が整ったので、Oracle Databaseをインストールしていきましょう。

ソフトウェア準備

VirtualBoxの共有フォルダー機能を使用して、インストールするOracleソフトウェアをゲストOS側で使用できるようにします。一旦、仮想マシンをシャットダウンします。

Oracle12cインストール1

Oracle VM VirtualBox マネージャーの「共有フォルダー」をクリックします。

Oracle12cインストール2

「共有フォルダーを追加」をクリックします。

Oracle12cインストール3

下記を設定して、「OK」をクリックします。

フォルダーのパス ホストOSの共有したいフォルダー(Oracleソフトウェアが配置されているフォルダー)
フォルダー名 ゲストOSでマウントするときの名前

設定が完了したら、仮想マシンを起動して、oracleユーザーでログインします。

$ su -
パスワード:
最終ログイン: 2019/07/27 (土) 07:35:22 JST日時 pts/0
# 

共有フォルダーをマウントするので、rootユーザーに切り替えます。

# mkdir /opt/image
# mount -t vboxsf oracle /opt/image

マウント先ディレクトリを作成して、共有フォルダーをマウントします。

# cd /opt/image
# ls -l
合計 3372752
-rwxrwxrwx 1 root root 3453696911  5月 29 01:42 linuxx64_12201_database.zip
#
# unzip linuxx64_12201_database.zip

~中略~

# ls -l
合計 3372756
drwxrwxrwx 1 root root       4096  1月 27  2017 database
-rwxrwxrwx 1 root root 3453696911  5月 29 01:42 linuxx64_12201_database.zip
# 
# exit
$

Oracleソフトウェアが配置されているディレクトリに移動し、unzipコマンドで展開します。rootユーザーでの作業は終わりなので、oracleユーザーに戻っておきます。

インストール

$ id
uid=1000(oracle) gid=54321(oinstall) groups=54321(oinstall),54322(dba),54323(oper),54324(backupdba),54325(dgdba),54326(kmdba),54330(racdba)
$ 

oracleユーザーでインストールするので、現在のユーザーを確認します。

$ /opt/image/database/runInstaller

runInstallerを実行し、OUIを起動します。

Oracle12cインストール4

「セキュリティ・アップデートを~」のチェックを外して、「次へ」をクリックします。

Oracle12cインストール5

メッセージが出ますが、「はい」をクリックします。

Oracle12cインストール6

データベースは後で作成するので、「データベース・ソフトウェアのみインストール」を選択して、「次へ」をクリックします。

Oracle12cインストール7

今回は、「単一インスタンス・データベースのインストール」を選択して、「次へ」をクリックします。

Oracle12cインストール8

「Enterprise Edition」を選択し、「次へ」をクリックします。

Oracle12cインストール9

下記を確認し、「次へ」をクリックします。

Oracleベース /u01/app/oracle
ソフトウェアの場所 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1
Oracle12cインストール10

下記を確認し、「次へ」をクリックします。

インベントリ・ディレクトリ /u01/app/oraInventory
oraInventoryグループ名 oinstall
Oracle12cインストール11

今回は、デフォルトのOSグループ設定でインストールします。そのまま「次へ」をクリックします。

Oracle12cインストール12

検証結果に問題がある場合、修正して再チェックを行います。今回は、問題がなかったので、そのまま「次へ」をクリックします。

Oracle12cインストール13

サマリーの内容を確認し、「インストール」をクリックします。

Oracle12cインストール14

インストールが実行されるので、しばらく待ちます。

Oracle12cインストール15

インストールの終盤で上記が表示されます。rootユーザーでスクリプトを実行します。

# id
uid=0(root) gid=0(root) groups=0(root)
# 
# /u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限を変更中 /u01/app/oraInventory.
グループの読取り/書込み権限を追加中。
全ユーザーの読取り/書込み/実行権限を削除中。

グループ名の変更 /u01/app/oraInventory 宛先 oinstall.
スクリプトの実行が完了しました。
# 
# /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/root.sh
Performing root user operation.

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= oracle
    ORACLE_HOME=  /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]: 
   Copying dbhome to /usr/local/bin ...
   Copying oraenv to /usr/local/bin ...
   Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root script.
Now product-specific root actions will be performed.
Do you want to setup Oracle Trace File Analyzer (TFA) now ? yes|[no] : 

Oracle Trace File Analyzer (TFA - User Mode) is available at :
    /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/suptools/tfa/release/tfa_home/bin/tfactl

OR

Oracle Trace File Analyzer (TFA - Daemon Mode) can be installed by running this script :
    /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/suptools/tfa/release/tfa_home/install/roottfa.sh

# 
Oracle12cインストール16

スクリプトの実行が完了したら、「OK」をクリックします。

Oracle12cインストール17

正常にインストールされたので、「閉じる」をクリックしてOUIを終了します。

データベースを作成する

DBCAを使用したデータベースの作成

Database Configuration Assistant(DBCA)を使用してデータベースを作成します。

$ /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/bin/dbca

oracleユーザーでDBCAを起動します。

Oracle12cデータベース作成1

「データベースの作成」を選択し、「次へ」をクリックします。

Oracle12cデータベース作成2

「拡張構成」を選択し、「次へ」をクリックします。

Oracle12cデータベース作成3

下記を選択し、「次へ」をクリックします。

データベース・タイプ Oracle単一インスタンス・データベース
データベースのテンプレート 汎用またはトランザクション処理
Oracle12cデータベース作成4

下記を設定し、「次へ」をクリックします。

グローバル・データベース名orcl.oracle12c.jp
SIDorcl
コンテナ・データベースとして作成オン
PDB用のローカルUNDO表領域の使用オン
1つ以上のPDBを含むコンテナ・データベースの作成オン
PDBの数2
PDB名前接頭辞orclpdb
Oracle12cデータベース作成5

下記を設定し、「次へ」をクリックします。

データベースの記憶域属性に次を使用オン
データベース・ファイルの記憶域タイプファイルシステム
データベース・ファイルの位置{ORACLE_BASE}/oradata/{DB_UNIQUE_NAME}
Oracle Managed Fileの使用オン
Oracle12cデータベース作成6

下記を設定し、「次へ」をクリックします。

高速リカバリ領域の指定オン
リカバリ・ファイルの記憶域タイプファイルシステム
高速リカバリ領域{ORACLE_BASE}/fast_recovery_area/{DB_UNIQUE_NAME}
高速リカバリ領域のサイズ15162MB
アーカイブ有効化オン
Oracle12cデータベース作成7

下記を設定し、「次へ」をクリックします。

新規リスナーの作成オン
リスナー名LISTENER
リスナー・ポート1521
Oracle12cデータベース作成8

今回は、Oracle Data Vault構成はせずに、「次へ」をクリックします。

Oracle12cデータベース作成9

「自動共有メモリー管理」を設定します。

Oracle12cデータベース作成10

サイズ設定は、デフォルト。

Oracle12cデータベース作成11

下記の設定を確認します。

データベース・キャラクタ・セットUnicode(AL32UTF8)を使用
各国語文字セットAL16UTF16 – Unicode UTF-16汎用キャラクタ・セット
デフォルト言語日本語
デフォルト地域日本
Oracle12cデータベース作成12

「専用サーバー・モード」を選択して、「次へ」をクリックします。

Oracle12cデータベース作成13

「Enterprise Manager(EM)Database Expressの構成」を設定し、「次へ」をクリックします。

Oracle12cデータベース作成14

「ユーザー・アカウントのパスワード」を設定し、「次へ」をクリックします。

Oracle12cデータベース作成15

簡単なパスワードだと警告がでますが、「はい」をクリックします。本来は、複雑なパスワードを設定してくださいね。

Oracle12cデータベース作成16

「データベースの作成」を選択し、「次へ」をクリックします。

Oracle12cデータベース作成17

サマリーを確認して、「終了」をクリックします。

Oracle12cデータベース作成18

データベース作成が開始されるので、しばらく待ちます。

Oracle12cデータベース作成19

データベース作成が完了したら、「閉じる」をクリックします。

環境変数の設定

oracleユーザーの環境変数を設定します。

$ mkdir /home/oracle/tmp

oracleユーザーのホームディレクトリ配下に、tmpディレクトリを作成します。

$ vi /home/oracle/.bash_profile

~下記を追記~
export TMPDIR=$HOME/tmp
export TEMP=$HOME/tmp
export ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
export ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1
export PATH=$ORACLE_HOME/bin:$ORACLE_HOME/jdk/bin:${PATH}
export LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib
export NLS_LANG=JAPANESE_JAPAN.UTF8
export LANG=ja_JP.UTF-8
export ORACLE_SID=orcl

「.bash_profile」を修正します。

$ . .bash_profile

「.bash_profile」の修正を反映させます。

リスナーの稼働確認

$ lsnrctl status

LSNRCTL for Linux: Version 12.2.0.1.0 - Production on 28-7月 -2019 00:06:07

Copyright (c) 1991, 2016, Oracle.  All rights reserved.

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=testdb.oracle12c.jp)(PORT=1521)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名                      LISTENER
バージョン                TNSLSNR for Linux: Version 12.2.0.1.0 - Production
開始日                    27-7月 -2019 23:32:39
稼働時間                  0 日 0 時間 33 分 28 秒
トレース・レベル          off
セキュリティ              ON: Local OS Authentication
SNMP                      OFF
パラメータ・ファイル      /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル            /u01/app/oracle/diag/tnslsnr/testdb/listener/alert/log.xml
リスニング・エンドポイントのサマリー...
  (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=testdb.oracle12c.jp)(PORT=1521)))
  (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1521)))
  (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcps)(HOST=testdb.oracle12c.jp)(PORT=5500))(Security=(my_wallet_directory=/u01/app/oracle/admin/orcl/xdb_wallet))(Presentation=HTTP)(Session=RAW))
サービスのサマリー...
サービス"8eaba3fefee23face0536538a8c0e12f.oracle12c.jp"には、1件のインスタンスがあります。
  インスタンス"orcl"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"8eaba58e07fa400ce0536538a8c0c80d.oracle12c.jp"には、1件のインスタンスがあります。
  インスタンス"orcl"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"orcl.oracle12c.jp"には、1件のインスタンスがあります。
  インスタンス"orcl"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"orclXDB.oracle12c.jp"には、1件のインスタンスがあります。
  インスタンス"orcl"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"orclpdb1.oracle12c.jp"には、1件のインスタンスがあります。
  インスタンス"orcl"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"orclpdb2.oracle12c.jp"には、1件のインスタンスがあります。
  インスタンス"orcl"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
コマンドは正常に終了しました。
$ 

lsnrctlコマンドで稼働確認します。

データベースの稼働確認

$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production on 土 7月 27 23:58:05 2019

Copyright (c) 1982, 2016, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.2.0.1.0 - 64bit Production
に接続されました。
SQL> 
SQL> show con_name

CON_NAME
------------------------------
CDB$ROOT

SQL> 
SQL> set lin 1000
SQL> col name for a20
SQL> SELECT INSTANCE_NAME, STATUS FROM V$INSTANCE;

INSTANCE_NAME	     STATUS
-------------------- ------------------------------------
orcl			     OPEN

SQL> 
SQL> set pages 100
SQL> col name for a20
SQL> SELECT NAME, OPEN_MODE FROM V$PDBS;

NAME		     OPEN_MODE
-------------------- ------------------------------
PDB$SEED	     READ ONLY
ORCLPDB1	     READ WRITE
ORCLPDB2	     READ WRITE

SQL> 

CDBとPDBがOPENしていることが確認できますね。

$ sqlplus system/[PASSWORD]@testdb.oracle12c.jp:1521/orcl.oracle12c.jp

SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production on 日 7月 28 00:02:44 2019

Copyright (c) 1982, 2016, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.2.0.1.0 - 64bit Production
に接続されました。
SQL> 
SQL> 
SQL> show con_name

CON_NAME
------------------------------
CDB$ROOT
SQL> 

CDBへの簡易接続。

$ sqlplus system/[PASSWORD]@testdb.oracle12c.jp:1521/orclpdb1.oracle12c.jp

SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production on 日 7月 28 00:04:59 2019

Copyright (c) 1982, 2016, Oracle.  All rights reserved.

最終正常ログイン時間: 日 7月  28 2019 00:02:44 +09:00


Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.2.0.1.0 - 64bit Production
に接続されました。
SQL> 
SQL> show con_name

CON_NAME
------------------------------
ORCLPDB1
SQL> 

PDBへの簡易接続。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、シンプルな構成だったので、難なくOracle Databaseをインストールできたのではないでしょうか。

Oracleは難しいというイメージがあるかもしれませんが、まずはシンプルな環境に触れることで理解を深めていただければと思います。

Oracleの市場シェア率は、常にトップクラスです。Oracleのスキルを高めて、市場価値の高いエンジニアを目指しましょう。

CentOSにOracle Database 12c R2 Enterprise Editionをインストールする
最新情報をチェックしよう!