きさま!見ているなッ!!

【Oracle】サーバー・パラメータ・ファイルをリストアする

  • 2019-10-17
  • 2019-10-17
  • Oracle

初期化パラメータを格納するファイルには、初期化パラメータ・ファイル(PFILE)とサーバー・パラメータ・ファイル(SPFILE)の 2 種類ありますが、現在は、バイナリ形式の SPFILE で運用するのが一般的です。

SPFILE が破損または、消失するとインスタンスが起動できなくなってしまいます。

テキスト形式の PFILE であれば、破損してしまってもエディタで修正可能なので、復旧はそれほど難しくないでしょう。では、バイナリ形式の SPFILE ではどうでしょうか。

今回は、下記の 2 パターンで SPFILE を復旧してみましょう。

  • RMAN のバックアップを使用した SPFILE のリストア
  • アラートログを使用した SPFILE の復旧

環境

・環境情報

OSRDBMS
CentOS 7.6Oracle Database 12c R2 Enterprise Edition

・CDB 情報

データベース名CDB1
データベースタイプ単一インスタンス
アーキテクチャマルチテナント
初期化パラメータ・ファイル形式バイナリ形式(SPFILE)

・PDB 情報

PDB名PDB1
PDBローカル管理者PDB1ADM
PDBのデータファイルの場所/u01/app/oracle/oradata/pdb1/

RMANのバックアップを使用したSPFILEのリストア

バックアップの確認

$ rman target /

Recovery Manager: Release 12.2.0.1.0 - Production on 水 10月 16 21:26:59 2019

Copyright (c) 1982, 2017, Oracle and/or its affiliates.  All rights reserved.

ターゲット・データベース: CDB1 (DBID=992440531)に接続されました

RMAN> show all;

リカバリ・カタログのかわりにターゲット・データベース制御ファイルを使用しています
db_unique_name CDB1のデータベースにおけるRMAN構成パラメータ:
CONFIGURE RETENTION POLICY TO REDUNDANCY 1; # default
CONFIGURE BACKUP OPTIMIZATION ON;
CONFIGURE DEFAULT DEVICE TYPE TO DISK; # default
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP ON; # default
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT FOR DEVICE TYPE DISK TO '%F'; # default
CONFIGURE DEVICE TYPE DISK PARALLELISM 1 BACKUP TYPE TO BACKUPSET; # default
CONFIGURE DATAFILE BACKUP COPIES FOR DEVICE TYPE DISK TO 1; # default
CONFIGURE ARCHIVELOG BACKUP COPIES FOR DEVICE TYPE DISK TO 1; # default
CONFIGURE MAXSETSIZE TO UNLIMITED; # default
CONFIGURE ENCRYPTION FOR DATABASE OFF; # default
CONFIGURE ENCRYPTION ALGORITHM 'AES128'; # default
CONFIGURE COMPRESSION ALGORITHM 'BASIC' AS OF RELEASE 'DEFAULT' OPTIMIZE FOR LOAD TRUE ; # default
CONFIGURE RMAN OUTPUT TO KEEP FOR 7 DAYS; # default
CONFIGURE ARCHIVELOG DELETION POLICY TO NONE; # default
CONFIGURE SNAPSHOT CONTROLFILE NAME TO '/u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/snapcf_cdb1.f'; # default

RMAN>

RMAN コマンドでログインし、現在の構成を確認します。DBID は、リストア時に使用するので、合わせて確認しておきます。

CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP が ON に設定されているので、制御ファイルおよびサーバー・パラメータ・ファイルが自動的にバックアップされます。

RMAN> list backup;


バックアップ・セットのリスト
===================


BS Key  Type LV Size       Device Type Elapsed Time 終了時間
------- ---- -- ---------- ----------- ------------ --------
51      Incr 0  681.26M    DISK        00:00:14     19-10-16
        BPキー: 51   ステータス: AVAILABLE  圧縮: NO  タグ: TAG20191016T212413
        ピース名: /u01/app/oracle/flash_recovery_area/CDB1/backupset/2019_10_16/o1_mf_nnnd0_TAG20191016T212413_gtg2zj67_.bkp
  バックアップ・セット51のデータファイルのリスト
  File LV Type Ckp SCN    Ckp時間 Abs Fuz SCN Sparse Name
  ---- -- ---- ---------- -------- ----------- ------ ----
  1    0  Incr 1645921    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/cdb1/system01.dbf
  3    0  Incr 1645921    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/cdb1/sysaux01.dbf
  5    0  Incr 1645921    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/cdb1/undotbs01.dbf
  7    0  Incr 1645921    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/cdb1/users01.dbf

BS Key  Type LV Size       Device Type Elapsed Time 終了時間
------- ---- -- ---------- ----------- ------------ --------
52      Incr 0  337.08M    DISK        00:00:05     19-10-16
        BPキー: 52   ステータス: AVAILABLE  圧縮: NO  タグ: TAG20191016T212413
        ピース名: /u01/app/oracle/flash_recovery_area/CDB1/924B0C05583F0F21E0536538A8C0AC7D/backupset/2019_10_16/o1_mf_nnnd0_TAG20191016T212413_gtg30732_.bkp
  バックアップ・セット52のデータファイルのリスト
  コンテナID: 3、PDB名: PDB1
  File LV Type Ckp SCN    Ckp時間 Abs Fuz SCN Sparse Name
  ---- -- ---- ---------- -------- ----------- ------ ----
  10   0  Incr 1645933    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/system01.dbf
  11   0  Incr 1645933    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/sysaux01.dbf
  12   0  Incr 1645933    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/undotbs01.dbf
  13   0  Incr 1645933    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/users01.dbf
  14   0  Incr 1645933    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/usertbs01.dbf
  15   0  Incr 1645933    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/example01.dbf

BS Key  Type LV Size       Device Type Elapsed Time 終了時間
------- ---- -- ---------- ----------- ------------ --------
53      Incr 0  513.62M    DISK        00:00:07     19-10-16
        BPキー: 53   ステータス: AVAILABLE  圧縮: NO  タグ: TAG20191016T212413
        ピース名: /u01/app/oracle/flash_recovery_area/CDB1/9244C81101A57521E0536538A8C0E26D/backupset/2019_10_16/o1_mf_nnnd0_TAG20191016T212413_gtg30p30_.bkp
  バックアップ・セット53のデータファイルのリスト
  コンテナID: 2、PDB名: PDB$SEED
  File LV Type Ckp SCN    Ckp時間 Abs Fuz SCN Sparse Name
  ---- -- ---- ---------- -------- ----------- ------ ----
  2    0  Incr 1205992    19-09-11              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdbseed/system01.dbf
  4    0  Incr 1205992    19-09-11              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdbseed/sysaux01.dbf
  6    0  Incr 1205992    19-09-11              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdbseed/undotbs01.dbf
  8    0  Incr 1205992    19-09-11              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdbseed/users01.dbf
  9    0  Incr 1205992    19-09-11              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdbseed/usertbs01.dbf

BS Key  Type LV Size       Device Type Elapsed Time 終了時間
------- ---- -- ---------- ----------- ------------ --------
54      Full    17.20M     DISK        00:00:00     19-10-16
        BPキー: 54   ステータス: AVAILABLE  圧縮: NO  タグ: TAG20191016T212509
        ピース名: /u01/app/oracle/flash_recovery_area/CDB1/autobackup/2019_10_16/o1_mf_s_1021843509_gtg315s0_.bkp
  SPFILEも含まれます: 修正時間: 19-10-16
  SPFILE db_unique_name: CDB1
  含まれている制御ファイル: Ckp SCN: 1645954      Ckp時間: 19-10-16

BS Key  Type LV Size       Device Type Elapsed Time 終了時間
------- ---- -- ---------- ----------- ------------ --------
55      Incr 1  112.00K    DISK        00:00:00     19-10-16
        BPキー: 55   ステータス: AVAILABLE  圧縮: NO  タグ: TAG20191016T212547
        ピース名: /u01/app/oracle/flash_recovery_area/CDB1/backupset/2019_10_16/o1_mf_nnnd1_TAG20191016T212547_gtg32dby_.bkp
  バックアップ・セット55のデータファイルのリスト
  File LV Type Ckp SCN    Ckp時間 Abs Fuz SCN Sparse Name
  ---- -- ---- ---------- -------- ----------- ------ ----
  1    1  Incr 1646002    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/cdb1/system01.dbf
  3    1  Incr 1646002    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/cdb1/sysaux01.dbf
  5    1  Incr 1646002    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/cdb1/undotbs01.dbf
  7    1  Incr 1646002    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/cdb1/users01.dbf

BS Key  Type LV Size       Device Type Elapsed Time 終了時間
------- ---- -- ---------- ----------- ------------ --------
56      Incr 1  72.00K     DISK        00:00:00     19-10-16
        BPキー: 56   ステータス: AVAILABLE  圧縮: NO  タグ: TAG20191016T212547
        ピース名: /u01/app/oracle/flash_recovery_area/CDB1/924B0C05583F0F21E0536538A8C0AC7D/backupset/2019_10_16/o1_mf_nnnd1_TAG20191016T212547_gtg32fch_.bkp
  バックアップ・セット56のデータファイルのリスト
  コンテナID: 3、PDB名: PDB1
  File LV Type Ckp SCN    Ckp時間 Abs Fuz SCN Sparse Name
  ---- -- ---- ---------- -------- ----------- ------ ----
  10   1  Incr 1646005    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/system01.dbf
  11   1  Incr 1646005    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/sysaux01.dbf
  12   1  Incr 1646005    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/undotbs01.dbf
  13   1  Incr 1646005    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/users01.dbf
  14   1  Incr 1646005    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/usertbs01.dbf
  15   1  Incr 1646005    19-10-16              NO    /u01/app/oracle/oradata/pdb1/example01.dbf

BS Key  Type LV Size       Device Type Elapsed Time 終了時間
------- ---- -- ---------- ----------- ------------ --------
57      Full    17.20M     DISK        00:00:00     19-10-16
        BPキー: 57   ステータス: AVAILABLE  圧縮: NO  タグ: TAG20191016T212550
        ピース名: /u01/app/oracle/flash_recovery_area/CDB1/autobackup/2019_10_16/o1_mf_s_1021843550_gtg32gr1_.bkp
  SPFILEも含まれます: 修正時間: 19-10-16
  SPFILE db_unique_name: CDB1
  含まれている制御ファイル: Ckp SCN: 1646013      Ckp時間: 19-10-16

RMAN> 

LIST コマンドでバックアップされていることを確認します。

障害発生

$ ls -l /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/*cdb1*
-rw-rw---- 1 oracle oinstall     1544 10月 16 21:20 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/hc_cdb1.dat
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall      535 10月 15 23:56 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora
-rw-r----- 1 oracle oinstall     6144  9月 11 20:24 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/orapwcdb1
-rw-r----- 1 oracle oinstall 17973248 10月 16 21:25 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/snapcf_cdb1.f
-rw-r----- 1 oracle oinstall     3584 10月 16 21:21 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/spfilecdb1.ora
$ 

initcdb1.ora(PFILE)と spfilecdb1.ora(SPFILE)が存在しています。

$ rm /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora
$ rm /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/spfilecdb1.ora
$ 
$ ls -l /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/*cdb1*
-rw-rw---- 1 oracle oinstall     1544 10月 16 21:20 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/hc_cdb1.dat
-rw-r----- 1 oracle oinstall     6144  9月 11 20:24 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/orapwcdb1
-rw-r----- 1 oracle oinstall 17973248 10月 16 21:25 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/snapcf_cdb1.f
$ 

initcdb1.ora(PFILE)と spfilecdb1.ora(SPFILE)を削除します。

$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production on 水 10月 16 21:29:12 2019

Copyright (c) 1982, 2016, Oracle.  All rights reserved.

アイドル・インスタンスに接続しました。

SQL> startup
ORA-01078: failure in processing system parameters
LRM-00109: ??????????????????????????????'/u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora'?????????????????????????????????
SQL> 

インスタンスの起動が失敗します。

SPFILEのリストア

$ rman target /

Recovery Manager: Release 12.2.0.1.0 - Production on 水 10月 16 21:52:58 2019

Copyright (c) 1982, 2017, Oracle and/or its affiliates.  All rights reserved.

ターゲット・データベースに接続しました(起動していません)。

RMAN> SET DBID 992440531;

実行コマンド: SET DBID

RMAN> 

RMAN コマンドでログインし、SET DBID コマンドでターゲット・データベースの DBID を設定します。

RMAN> STARTUP FORCE NOMOUNT;

起動に失敗しました: ORA-01078: failure in processing system parameters
LRM-00109: ??????????????????????????????'/u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora'?????????????????????????????????

SPFILE取得用のパラメータ・ファイルのないOracleインスタンスを起動しています
Oracleインスタンスが起動しました

システム・グローバル領域の合計は、   1073741824バイトです。

Fixed Size                     8628936バイト
Variable Size                293602616バイト
Database Buffers             763363328バイト
Redo Buffers                   8146944バイト

RMAN> 

仮のパラメータ・ファイルを使用して、インスタンスを起動させています。

RMAN> RESTORE SPFILE FROM '/u01/app/oracle/flash_recovery_area/CDB1/autobackup/2019_10_16/o1_mf_s_1021843550_gtg32gr1_.bkp';

restoreを19-10-16で開始しています
リカバリ・カタログのかわりにターゲット・データベース制御ファイルを使用しています
チャネル: ORA_DISK_1が割り当てられました
チャネルORA_DISK_1: SID=424 デバイス・タイプ=DISK

チャネルORA_DISK_1: 自動バックアップ/u01/app/oracle/flash_recovery_area/CDB1/autobackup/2019_10_16/o1_mf_s_1021843550_gtg32gr1_.bkpからSPFILEをリストアしています
チャネルORA_DISK_1: 自動バックアップからのSPFILEのリストアが完了しました
restoreを19-10-16で終了しました

RMAN> 

RMAN のバックアップを指定して、SPFILE をリストアします。

RMAN> shutdown immediate

Oracleインスタンスがシャットダウンしました

RMAN> startup

ターゲット・データベースに接続しました(起動していません)。
Oracleインスタンスが起動しました
データベースがマウントされました。
データベースがオープンしました。

システム・グローバル領域の合計は、   3221225472バイトです。

Fixed Size                     8797928バイト
Variable Size                738197784バイト
Database Buffers            2466250752バイト
Redo Buffers                   7979008バイト

RMAN> 

インスタンスの再起動ができれば、復旧完了です。

$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production on 水 10月 16 21:54:48 2019

Copyright (c) 1982, 2016, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.2.0.1.0 - 64bit Production
に接続されました。
SQL> 
SQL> CREATE PFILE FROM SPFILE;

ファイルが作成されました。

SQL> 

SPFILE から PFILE を作成しています。

$ ls -l /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/*cdb1*
-rw-rw---- 1 oracle oinstall     1544 10月 16 21:54 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/hc_cdb1.dat
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall      990 10月 16 21:57 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora
-rw-r----- 1 oracle oinstall     6144  9月 11 20:24 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/orapwcdb1
-rw-r----- 1 oracle oinstall 17973248 10月 16 21:25 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/snapcf_cdb1.f
-rw-r----- 1 oracle oinstall     3584 10月 16 21:54 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/spfilecdb1.ora
$ 

元の場所に initcdb1.ora(PFILE)と spfilecdb1.ora(SPFILE)が存在しています。

アラートログを使用したSPFILEの復旧

Re:障害発生

$ ls -l /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/*cdb1*
-rw-rw---- 1 oracle oinstall     1544 10月 16 22:00 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/hc_cdb1.dat
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall      990 10月 16 21:57 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora
-rw-r----- 1 oracle oinstall     6144  9月 11 20:24 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/orapwcdb1
-rw-r----- 1 oracle oinstall 17973248 10月 16 21:25 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/snapcf_cdb1.f
-rw-r----- 1 oracle oinstall     3584 10月 16 21:54 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/spfilecdb1.ora
$ 
$ rm /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora
$ rm /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/spfilecdb1.ora
$ 
$ ls -l /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/*cdb1*
-rw-rw---- 1 oracle oinstall     1544 10月 16 22:00 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/hc_cdb1.dat
-rw-r----- 1 oracle oinstall     6144  9月 11 20:24 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/orapwcdb1
-rw-r----- 1 oracle oinstall 17973248 10月 16 21:25 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/snapcf_cdb1.f
$ 

先程同様、initcdb1.ora(PFILE)と spfilecdb1.ora(SPFILE)を削除します。

$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production on 水 10月 16 22:03:00 2019

Copyright (c) 1982, 2016, Oracle.  All rights reserved.

アイドル・インスタンスに接続しました。

SQL> startup
ORA-01078: failure in processing system parameters
LRM-00109: ??????????????????????????????'/u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora'?????????????????????????????????
SQL> 

インスタンスの起動が失敗します。

アラートログからPFILEを作成する

$ ls -l /u01/app/oracle/diag/rdbms/cdb1/cdb1/trace/alert*
-rw-r----- 1 oracle oinstall 446857 10月 16 22:00 /u01/app/oracle/diag/rdbms/cdb1/cdb1/trace/alert_cdb1.log
$ 
$ view /u01/app/oracle/diag/rdbms/cdb1/cdb1/trace/alert_cdb1.log

~~ 省略 ~~
Using parameter settings in server-side spfile /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/spfilecdb1.ora
System parameters with non-default values:
  processes                = 150
  sga_target               = 3G
  control_files            = "/u01/app/oracle/oradata/cdb1/control01.ctl"
  control_files            = "/u01/app/oracle/oradata/cdb1/control02.ctl"
  db_block_size            = 8192
  compatible               = "12.0.0"
  db_recovery_file_dest    = "/u01/app/oracle/flash_recovery_area"
  db_recovery_file_dest_size= 10G
  undo_tablespace          = "UNDOTBS1"
  remote_login_passwordfile= "EXCLUSIVE"
  db_domain                = "oracle12c.jp"
  dispatchers              = "(PROTOCOL=TCP)"
  local_listener           = "listener_cdb1"
  db_name                  = "cdb1"
  open_cursors             = 200
  pga_aggregate_target     = 1G
  diagnostic_dest          = "/u01/app/oracle"
  enable_pluggable_database= TRUE
NOTE: remote asm mode is local (mode 0x1; from cluster type)
~~ 省略 ~~

アラートログにインスタンス起動時の初期化パラメータが出力されています。「System parameters with non-default values:」の後からが初期化パラメータです。

$ vi /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora

~~ 下記を記載 ~~
processes                = 150
sga_target               = 3G
control_files            = "/u01/app/oracle/oradata/cdb1/control01.ctl"
control_files            = "/u01/app/oracle/oradata/cdb1/control02.ctl"
db_block_size            = 8192
compatible               = "12.0.0"
db_recovery_file_dest    = "/u01/app/oracle/flash_recovery_area"
db_recovery_file_dest_size= 10G
undo_tablespace          = "UNDOTBS1"
remote_login_passwordfile= "EXCLUSIVE"
db_domain                = "oracle12c.jp"
dispatchers              = "(PROTOCOL=TCP)"
local_listener           = "listener_cdb1"
db_name                  = "cdb1"
open_cursors             = 200
pga_aggregate_target     = 1G
diagnostic_dest          = "/u01/app/oracle"
enable_pluggable_database= TRUE

元の場所(デフォルトの場所)に initcdb1.ora(PFILE)を作成します。内容は、アラートログから取得した初期化パラメータです。

SQL> STARTUP PFILE='/u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora'
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 3221225472 bytes
Fixed Size		    8797928 bytes
Variable Size		  738197784 bytes
Database Buffers	 2466250752 bytes
Redo Buffers		    7979008 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
SQL> 

initcdb1.ora(PFILE)を指定して、インスタンスを起動します。

SQL> CREATE SPFILE FROM PFILE;

ファイルが作成されました。

SQL> 

PFILE から SPFILE を作成して、復旧完了です。

$ ls -l /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/*cdb1*
-rw-rw---- 1 oracle oinstall     1544 10月 16 22:09 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/hc_cdb1.dat
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall      749 10月 16 22:08 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/initcdb1.ora
-rw-r----- 1 oracle oinstall     6144  9月 11 20:24 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/orapwcdb1
-rw-r----- 1 oracle oinstall 17973248 10月 16 21:25 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/snapcf_cdb1.f
-rw-r----- 1 oracle oinstall     2560 10月 16 22:09 /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1/dbs/spfilecdb1.ora
$ 

元の場所に initcdb1.ora(PFILE)と spfilecdb1.ora(SPFILE)が存在しています。

まとめ

SPFILE の破損・消失でインスタンスが起動できなくなってしまっても、RMAN のバックアップやアラートログから復旧することができます。

障害が発生すると焦ると思いますが、落ち着いて復旧方法を検討することが大切ですね。

【Oracle】サーバー・パラメータ・ファイルをリストアする
最新情報をチェックしよう!